2013年12月14日

問題を解決するための技術(1)

問題解決のための考え方と問題を解決するための技術(1)


<ゼロベース思考>と<仮説思考>は、問題解決にあたっての2つの重要な基本的思考である。


● <ゼロベース思考>

ゼロベース思考とは、「既成の枠」を取り外して考えるということである。

このゼロベース思考のポイントは次の2点である。

(1) 自分の狭い枠の中で否定に走らない

(2) 顧客にとっての価値を考える



(1)自分の狭い枠の中で否定に走らない

ビジネスの現場では、いろいろなことが複雑に絡み合っているため、初めから簡単に全体像が見えない、あるいは定義できない場合が多い。

そのとき、現状の枠のまま収束させてしまうのかどうか。

そこが<ゼロベース思考>で考えられるか、既存の枠に執着するかの分岐点になる。



解決は難しいと最初から既存の枠で考える従来どおりの思考では、小さな枠の範囲内で限定的に考えてしまうため、枠の外にある解決策を見落としたり、最悪の場合は、重箱の隅をつつくように、枠の中の否定的要素を列挙し始める。


もしいま、ビジネス上の課題を何かしら抱えているとしたら、「この課題を解決するための具体策はある」という前提で、ゼロベースから考えてみてはいかがだろうか。

もちろん、作業に使うエネルギーの量は比較にならないぐらい大きくなる。

しかし、最終的に成功を目指すには、ビジネスパーソンの最低要件として、この<ゼロベース思考>を実践すべきである。


posted by ホーライ at 22:47| 問題を解決する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

問題を解決する(2)問題を理解する

●「問題」がわかっていなければ、問題解決はできない

問題を定義せよ。

「問題」と「問題の症状」を混ぜてはいけない。

「問題とは、困っている事柄のことである」か?

「問題とは、イヤなことである」か?

どちらの解答も「問題の症状」を捉えているが、「問題」そのものは捉えていない。
問題はたしかに「困った」「イヤな」ことである。
しかし、それでは問題と言う病気を特定したことにならない。

問題解決をする時に、とりあえず目の前にあることに取り組んで失敗する理由がここにある。

問題解決という戦いをするのであれば、敵は何か、まずそれを明確にしなければならない。

言われてみれば当たり前のことだが、多くの人はこれを怠っている。



●問題を理解していなければ、ジタバタするしかない

問題が発生すると、とりあえず何でもいいから行動を起こしてしまう。
行動を起こせば、その行動を行っている間は、「自分は問題解決行動をしているのだ」と自分にも他人にも言えることができる。
忙しくしていれば、周りも何となく安心していられるのだ。

しかし、それは、実は問題解決行動になっていないかもしれない。
それどころか、新たな問題を引き起こすことさえあるかもしれない。

問題解決に取り組むなら、問題を理解し、問題解決の基本手順やスキルを知っておくべきである。
でなければ、よほどの運が味方しない限り、いい結果を残すことはできないだろう。



■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net/

posted by ホーライ at 16:17| 問題を解決する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

問題を解決する(1)

まず、「問題とは何か?」を考えてみよう。

「日本の治験は問題が多い」等と、日常的に使っているが、では、一般的に言って「問題」とは何だろう?

それは、「理想と現実とのギャップ(差)」だと言うことだ。
例えば、「日本の治験はモニターひとりあたり、10施設程度を担当すると効率的だが、現状では5施設程
度だ。」ということ。

「10施設担当」が理想で、「5施設程度」が現状だ。


問題を解決する力は、場数を踏めば身につくというものではない。
問題解決には、実は定石がある。
これを知らなくても問題解決に取り組むことは可能だが、知っていたほうが、効率良く、確実に問題を解決
することができる。

問題解決に取り組む人の6つのタイプ

(1)最初から拒否する、逃げ回るタイプ

(2)頑張るが、途中で力尽きるタイプ

(3)自分の問題なのに他の人の問題にして逃げるタイプ

(4)得意分野の問題だけを選んで取り組むタイプ(僕はこのタイプだ。)

(5)何でも受けたがる飛びつきタイプ

(6)さりげなく始め、さりげなく終わるタイプ(これが理想だ)


僕にとっての「問題」は、「問題解決にあたり、理想は6のタイプだが、僕の現状は4だ。」ということ
になる。


このように「問題」が分かっていなければ、問題解決はできない。
だから、まずは問題を定義することが重要となる。


ところで、「問題」と「問題の現状」を混同していないだろうか?

さきほども書いたが、問題は「理想」と「現実」との差であり、「困った。日本の治験では登録が進まな
い。」というのが問題の現状ということになる。

ここでの「問題」は、実は、理想とのギャップとの差を認識できるかどうかが、個人の感受性の差になる
ということだ。




■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net


posted by ホーライ at 05:03| 問題を解決する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。