2010年07月30日

問題を解決する(1)

まず、「問題とは何か?」を考えてみよう。

「日本の治験は問題が多い」等と、日常的に使っているが、では、一般的に言って「問題」とは何だろう?

それは、「理想と現実とのギャップ(差)」だと言うことだ。
例えば、「日本の治験はモニターひとりあたり、10施設程度を担当すると効率的だが、現状では5施設程
度だ。」ということ。

「10施設担当」が理想で、「5施設程度」が現状だ。


問題を解決する力は、場数を踏めば身につくというものではない。
問題解決には、実は定石がある。
これを知らなくても問題解決に取り組むことは可能だが、知っていたほうが、効率良く、確実に問題を解決
することができる。

問題解決に取り組む人の6つのタイプ

(1)最初から拒否する、逃げ回るタイプ

(2)頑張るが、途中で力尽きるタイプ

(3)自分の問題なのに他の人の問題にして逃げるタイプ

(4)得意分野の問題だけを選んで取り組むタイプ(僕はこのタイプだ。)

(5)何でも受けたがる飛びつきタイプ

(6)さりげなく始め、さりげなく終わるタイプ(これが理想だ)


僕にとっての「問題」は、「問題解決にあたり、理想は6のタイプだが、僕の現状は4だ。」ということ
になる。


このように「問題」が分かっていなければ、問題解決はできない。
だから、まずは問題を定義することが重要となる。


ところで、「問題」と「問題の現状」を混同していないだろうか?

さきほども書いたが、問題は「理想」と「現実」との差であり、「困った。日本の治験では登録が進まな
い。」というのが問題の現状ということになる。

ここでの「問題」は、実は、理想とのギャップとの差を認識できるかどうかが、個人の感受性の差になる
ということだ。




■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net


posted by ホーライ at 05:03| 問題を解決する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。